POINT LIFE  

-ポイントライフ- 日々の暮らしを少しおトクにする情報満載!

映画に関する調査

シェアする

モッピーラボ

◆今秋公開予定の映画の中で、もっとも見てみたい作品は「バイオハザード?アフターライフ」
◆若い人ほど「邦画」を好む傾向
◆もっとも好きなスタジオジブリ映画、TOP3は「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」
◆男性は「ひとりで」、女性は「同性の友達」「家族」と映画館に行きたい

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 15?59歳の男女(モッピーモニター)
: 1年に1本以上映画を見る人
・調査期間
: 2010/9/3?9/6
・有効回答数
: 1050サンプル(年代内訳:10代 20.2%、20代 20.0%、30代 19.8%、40代 19.9%、50代 20.1%)

調査結果概要

今秋公開予定の映画の中で、もっとも見てみたい作品は「バイオハザード?アフターライフ」

「今秋公開予定の映画の中でもっとも見てみたい作品」について聞いたところ、「バイオハザード?アフターライフ」(21.1%)が第1位に輝いた。
次いで「BECK」(12.4%)、「THE LAST MESSAGE 海猿」(10.5%)という結果となり、人気シリーズの続編に対する期待の高さがうかがえる。
また、年代別で比較したところ、「オカンの嫁入り」は50代での人気が高く、逆に「君に届け」は10代および20代での人気が高い結果となった。

見てみたい映画

【年代別】もっとも見てみたい今秋公開予定作品(単一回答)

[table id=9 /]

若い人ほど「邦画」を好む傾向

「どちらかというと邦画派か、洋画派か」について聞いたところ、「邦画派」が31.6%、「洋画派」が35.0%、「どちらともいえない」が33.1%とほぼ三分されるかたちとなった。
ただし、年代で比較すると、10代では「邦画派」が45.8%と半数近くを占める結果となった。
また、年齢が上がるにつれて「邦画派」が減少して「洋画派」が増加しており、40代では「洋画派」(41.1%)が「邦画派」(18.7%)の倍以上となった。

邦画・洋画

もっとも好きなスタジオジブリ映画、TOP3は「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」「風の谷のナウシカ」

「もっとも好きなスタジオジブリ映画」について聞いたところ、第1位「となりのトトロ」(18.0%)、第2位「天空の城ラピュタ」(15.7%)、第3位「風の谷のナウシカ」(11.0%)という結果となった。
TOP3のいずれの作品も1980年代に宮崎駿監督によって世に生み出されたものだが、公開から20年以上たった現在でも高い人気を誇っていることがわかった。
また、性別で比較したところ、男性のTOP3は「天空の城ラピュタ」(19.7%)、「となりのトトロ」(13.7%)、「風の谷のナウシカ」(12.4%)だったのに対して女性の場合は「となりのトトロ」(22.2%)、「天空の城ラピュタ」(11.8%)、「千と千尋の神隠し」(10.6%)という結果となった。

もっとも好きなジブリ映画

【性別】もっとも好きなスタジオジブリ作品(単一回答)

[table id=8 /]

男性は「ひとりで」、女性は「同性の友達」「家族」と映画館に行きたい

「映画館で映画を見るとしたら、誰と一緒に見たいか」について聞いたところ、男性では「自分ひとり」(49.0%)がもっとも高く、女性では「同性の友達」(54.2%)、「家族」(50.4%)が高い結果となり、男女間で大きな差があることがわかった。

映画館に一緒に行きたい人

調査項目

★スクリーニング項目
・映画を見る頻度
★全設問項目
・映画を見る手段、方法
・「映画館」で映画を見るとすると、誰と一緒に見たいか
・「家」で映画を見るとすると、誰と一緒に見たいか
・映画の新作を知るきっかけ
・映画を見たいと思う理由
・邦画派?洋画派?
・よく見る映画のジャンル
・もっとも好きなスタジオジブリ作品
・もっとも好きなディズニーアニメ作品
・もっとも見てみたい今秋公開予定作品

シェアする

フォローする