POINT LIFE  

-ポイントライフ- 日々の暮らしを少しおトクにする情報満載!

主婦のアルバイト・パートに関する調査

シェアする

モッピーラボ

◆主婦の6割にアルバイト・パート経験あり!
◆給与の使い道、「貯蓄」より「自分のお小遣い」

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 20?59歳の既婚女性(モッピーモニター)
・調査期間
: 2012/1/14?1/16
・有効回答数
: 1,000サンプル
: (20代:25%、30代:25%、40代:25%、50代:25%)
: ※図3は結婚後にアルバイト・パートをしたことがある950サンプルについて集計

調査結果概要

主婦の6割にアルバイト・パート経験あり!

20?59歳の既婚女性に対して「結婚後、アルバイト・パートの経験があるか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、「現在している」(15.0%)と「過去にしていた」(44.6%)を合わせた6割近くにアルバイト・パートの経験があることがわかった(図1参照)。また年代別で比較すると、年齢が上がるほど「現在している」の割合が高くなり、逆に年齢が若いほど「結婚後は一度もない」の割合が高いことが判明した(図2参照)。
この結果から、子どもがまだ幼い20?30代のうちは育児に専念し、子育てがひと段落して自分ひとりの時間を確保できるようになってから
働きに出ていることがうかがえる。今後ますます高齢化が進むにつれて、年配者の非正規雇用の創出も大きな課題といえよう。

【性別】パートナーの有無
【性別】パートナーの有無

給与の使い道、「貯蓄」より「自分のお小遣い」

20?59歳の既婚女性のうちアルバイト・パート経験のある人に対して「給与の使い道」についてモバイルリサーチで聞いたところ、1位「生活費」(72.2%)、2位「ご自身のお小遣い」(56.3%)、3位「子どもの養育費」(24.5%)という結果となった(図3参照)。大多数の主婦がアルバイト・パート代を家庭の生活費の足しにしていることは容易に想像できるが、意外にも「貯蓄」より「自分のお小遣い」を優先しているという事実が発覚した。毎日「主婦」という仕事をこなしつつ、さらにアルバイト・パートとして働きに出るからには、その「ご褒美」として自分で稼いだお金は自分で自由に使いたいという心理なのかもしれない。
また、20?59歳の既婚女性のうちアルバイト・パート経験のある人に対して「アルバイト・パートをする理由」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体では1位「家庭の収入を補うため」(69.4%)、2位「ご自身のお小遣いを稼ぐため」(46.4%)、3位「社会と関わりをもつため」(24.2%)となった。(表1参照)。さらに子どもの年代別で比較すると、「子どもの養育費を稼ぐため」という理由については「中学生」(37.8%)の子どもをもつ主婦でもっとも高く、それ以降は徐々に減少していることがわかった。これは、中学生となると高校受験など今後の教育費用を準備し始めたり、子ども自身の趣味興味も増えてお小遣いが必要になってくる、などの背景があるのかもしれない。

フリーター歴

【表1】アルバイト・パートをする理由(子どもの年代別)

[table id= 50/]

調査項目

SC.結婚後のアルバイト・パート経験の有無(SA)
1.子どもの人数(SA)
2.一番下の子どもの学齢(SA)
3.配偶者の勤務形態(SA)
4.アルバイト・パート歴(SA)
5.アルバイト・パートをする理由(MA)
6.アルバイト・パートを退職する理由(MA)
7.給与の使い道(MA)
8.1ヶ月の収入(SA)
9.希望する勤務日数(SA)
10.希望する勤務時間帯(MA)
11.今後希望する雇用形態(SA)
12.現在の仕事の数(SA)

シェアする

フォローする