POINT LIFE  

-ポイントライフ- 日々の暮らしを少しおトクにする情報満載!

新社会人実態調査

シェアする

モッピーラボ

◆就活でのFacebook利用率わずか1.9%
◆初任給の使い道、第1位は「貯金」
◆新社会人の4割がすでに転職を考え、7割以上が出世意欲あり

調査概要

・調査手法
: モバイルリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 今年の新社会人(モッピーモニター)
・調査期間
: 2012/4/27?4/30
・有効回答数
: 216サンプル
: (男性:37.0%、女性:63.0%)

調査結果概要

就活でのFacebook利用率わずか1.9%

今年の新社会人の男女に対して「就職活動で利用したサイト」についてモバイルリサーチで聞いたところ、1位「リクナビ」(63.0%)、2位「マイナビ」(59.7%)と大手の就職情報サイトが上位を占める結果となった(図1参照)。最近では企業側がFacebookやTwitterを利用して採用に関する情報を提供するような流れも出てきているが、学生側で実際にSNSを利用していた人の割合は「Facebook」で1.9%、「Twitter」で4.6%とまだごくわずかであることがわかった。今後、企業側がSNSを利用した採用活動にどれだけ力を入れていくのかによって、学生の就職活動方法も変わっていきそうだ。

また、今年の新社会人の男女に対して「希望していた会社に入社したか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、68.1%が「はい」と回答した(図2参照)。就職内定率が問題となっている昨今だが、意外にも学生は希望していた会社に入社しているようだ。

【図1】就活で利用したサイト
【図2】希望していた会社に入社したか

初任給の使い道、第1位は「貯金」

今年の新社会人の男女に対して「初任給の使い道」についてモバイルリサーチで聞いたところ、
全体では1位「貯金」(63.4%)、2位「家族へのプレゼント」(52.8%)、3位「日常の生活費」(52.3%)という結果であることがわかった(図3参照)。
性別で比較すると、女性は男性よりも「貯金」「自分へのプレゼント」の割合が10ポイント近く高く、自分自身への「投資」を重視していることが明らかとなった。

また、今年の新社会人の男女に対して「平日のランチをどうしているか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、1位「コンビニ・弁当屋などで購入する」(24.1%)、2位「社食を利用する」(22.2%)、3位「自分でお弁当を作る」(21.3%)、4位「家族にお弁当を作ってもらう」(20.8%)という結果となった。性別で比較すると、男性の7割以上は社食・外食・弁当など外で作られたものを購入して食べているが、女性は半数以上が自分自身や家族などで作ったお弁当を持参して食べていることがわかった。やはり男性は手軽さやボリューム面などから手作りのお弁当よりも外で購入することを好み、女性は節約やダイエット・美容のためにお弁当を持参することを好むようだ。
上述の図3「初任給の使い道」と図4「平日のランチ」の結果から新社会人の女性は、日々の生活では昼食代を抑えて堅実な生活をしているが、自分へのご褒美は怠らずメリハリをつけたお金の使い方をしている、と言えそうだ。

【図3】初任給の使い道
【図4】平日のランチ

新社会人の4割がすでに転職を考え、7割以上が出世意欲あり

今年の新社会人の男女に対して「将来転職したいかどうか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体では「必ずしたい」(14.4%)、「きっかけがあればしたい」(27.8%)と4割以上がすでに将来の転職を考えていることがわかった。また上述の図2で「希望の会社に入社したかどうか」について聞いたが、その回答内容によって比較したところ希望の会社に入社した人は「できればしたくない」「絶対にしたくない」「まだわからない」が6割以上を占めたのに対して希望ではない会社に入社した人は「必ずしたい」「きっかけがあればしたい」が半数以上を占めていることがわかった。希望ではない会社に入社した人でも、まずは現在の与えられた仕事に面白さを見出してもらうことを願うばかりだ。

また、今年の新社会人の男女に対して「将来出世したいかどうか」についてモバイルリサーチで聞いたところ、全体の50.5%が「チャンスがあればしたい」、24.1%が「必ずしたい」と回答し、7割以上の人が将来の出世に対して意欲的であることがわかった。「希望の会社に入社したかどうか」によって比較したところ、希望の会社に入社した人は8割近くが出世について「必ずしたい」「チャンスがあればしたい」と考えており、上述の結果とあわせると「将来的にも今の会社で働き続け、できれば出世したい」と堅実なキャリアアップを狙っていることがわかった。不況や天災などによって不安定な社会状況の現在では、若者も「冒険」よりも「安定」「堅実」を求めているようだ。

【図5】将来の転職意向
【図6】将来の出世意向

調査項目

1.あなたは現在の会社にいつ入社しましたか?(SA)
2.あなたは就職活動でどのようなサイトを利用していましたか?(MA)
3.あなたは希望していた会社に入社しましたか?(SA)
4.あなたは初任給を何に使いましたか?(MA)
5.会社の印象について、入社前と入社後でギャップを感じていますか?(SA)
6.仕事がある日のランチでもっとも多いのはどれですか?(SA)
7.あなたは将来転職したいと思いますか?(SA)
8.あなたは将来出世したいと思いますか?(SA)

シェアする

フォローする