POINT LIFE  

-ポイントライフ- 日々の暮らしを少しおトクにする情報満載!

寿司に関する調査

シェアする

モッピーラボ

◆寿司ネタ全体人気1位「サーモン」、40代以上には「中トロ」が1番人気
◆寿司を食べる場所1位「回転寿司」(85.6%)、回転寿司では「注文して握ってもらうネタ」を多く食べる(50.9%)
◆月1回以上寿司を食べている人は全体の58.5%!

調査概要

・調査手法
: スマートフォンリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 16歳以上の男女
・調査期間
: 2013/4/8(月)?4/9(火)
・有効回答数
: 1,000サンプル

調査結果概要

寿司ネタ全体人気1位「サーモン」、40代以上には「中トロ」が1番人気

全国の16歳以上の男女に対して、「寿司に関する調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「あなたは寿司が好きですか」という質問をしたところ、「好き」(82.2%)と答えた人が圧倒的に多く、「嫌い」と答えた人はわずか2.2%にとどまった。寿司が人気料理であることに間違いなさそうだ。
「好きな魚介寿司ネタ」について複数回答で質問したところ、全体1位「サーモン」(56.2%)、2位「まぐろ(中トロ)」(52.1%)、3位「まぐろ(赤身)」(47.8%)という結果となった。
性別で比較すると、男性から最も支持されたのは「まぐろ(中トロ)」(55.8%)であった一方、女性からは「サーモン」(63.8%)がダントツ人気であり、2位以降も性別によって順位が異なった。

年代別で比較すると、10代?30代の間では「サーモン」が最も支持を集め、40代以上に関しては「まぐろ(中トロ)」がそれぞれ1位に輝いた。
トップ5で「甘海老」がランクインしたのは10代のみ(5位)であり、「イクラ」は10代の4位、20代の5位、30代の4位にランクインした。甘海老とイクラは若年層に人気と言えそうだ。
一方、10代?30代のトップ5にランクインしなかった「イカ」が40代と50代以上のそれぞれ4位にランクインした。年齢を重ねると「イカ」を好む傾向にあるのかもしれない。
また、20代?40代に共通してトップ5のうち「まぐろ」が各部位フルでランクインをし、まぐろの人気ぶりを伺うことができる。
10代から40代に共通してトップ2以内に「サーモン」がランクインをしたこととは対照的に、50代以上は「サーモン」を5位に選択し、他年代のトップ5にランクインしていない「ホタテ」が3位に君臨した。

【図1】あなたは寿司が好きですか(単純集計)

【図2】好きな魚介寿司ネタ性別ランキング

【図3】好きな魚介寿司ネタ年代別ランキング

寿司を食べる場所1位「回転寿司」(85.6%)、回転寿司では「注文して握ってもらうネタ」を多く食べる(50.9%)

全国の16歳以上の男女に対して、「寿司に関する調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「どこで寿司を買ったり食べたりするか」について複数回答で質問したところ、全体1位「回転寿司で」(85.6%)、2位「スーパーで買って」(55.8%)、3位「回転寿司以外の寿司屋で」(22.4%)という結果となった。
1位「回転寿司で」と2位「スーパーで買って」で29.8ポイントの差が生じたことからも、寿司を食べるシチュエーションの中で「回転寿司」の人気ぶりを伺うことができる。

回転寿司を利用したことのある人に対して、回転寿司で「レーンを流れてくるネタ」と「注文して握ってもらうネタ」のどちらを多く食べるかという質問をしたところ、
「レーンを流れてくるネタが多い」は23.5%であり、「注文して握ってもらうネタが多い」は50.9%であった。
名の通り“回転する寿司”を求めている人は全体の約2割にとどまり、半数以上の人が回転寿司に“もともと回転している寿司”ではなく、“自身の注文で握ってもらう寿司”を求めていることが分かった。
寿司が回らない寿司屋のカウンターに行って、お会計が高額になることを恐れて好きなネタを頼めない経験がある人も少なくないのではないか。
店によって異なるが、回転寿司だと値段も比較的リーズナブルで、心置きなく好きなネタを注文できるのかもしれない。

【図4】どこで寿司を買ったり食べたりするか(単純集計)

【図5】回転寿司でどちらを多く食べるか(単純集計)

月1回以上寿司を食べている人は全体の58.5%!

全国の16歳以上の男女に対して、「寿司に関する調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「寿司を食べる頻度」について質問したところ、項目では「数ヶ月に1回程度」(35.5%)が最も多く選択され、一見“寿司は頻繁に食べるものではなく年に数回食べる特別なもの”というイメージを漂わせた。
しかし、2位「月1回程度」(34.9%)、3位「月2?3回程度」(20.9%)、4位「週1回以上」(2.7%)の3項目を合わせると全体で58.5%の人が月1回以上寿司を食べていることが分かった!
回転寿司のおかげか、寿司はかなり気軽に食べられる料理として人々に浸透していると言えそうだ。
また、「どんな時に寿司を食べたくなるか」について複数回答で質問したところ、1位「家族が揃う時」(51.9%)、2位「お祝い事」(30.2%)、3位「親戚が揃う時」(20.2%)という結果となった。
家族・親戚が揃う時や、めでたい時に人は寿司を囲みたくなることが分かった。

【図6】寿司を食べる頻度(単純集計)

【図7】どんな時に寿司を食べたくなるか(単純集計)

調査項目

1.性別を選択してください(SA)

2.年代を選択してください(SA)

3.あなたは寿司が好きですか(SA)

4.あなたの好きな寿司ネタ(魚介類)を教えてください(MA)

5.どこで寿司を買ったり食べたりしていますか(MA)

6.回転寿司で「レーンを流れてくるネタ」と「注文して握ってもらうネタ」のどちらを多く食べますか(SA)

7.寿司を食べる頻度を教えてください(SA)

8.どんな時に寿司を食べたくなりますか(SA)

シェアする

フォローする