POINT LIFE  

-ポイントライフ- 日々の暮らしを少しおトクにする情報満載!

緊急!学生アルバイト意識調査

シェアする

モッピーラボ

◆「正社員よりもアルバイトの責任が軽い」学生アルバイトの過半数が選択!
◆「アルバイト先でルールあり、皆それを守っている」(57.5%)
◆責任感の大きさによってアルバイトを探す方法が異なる?!

調査概要

・調査手法
: スマートフォンリサーチ
・調査地域
: 全国
・調査対象
: 現在アルバイトをしている高校生・大学生
・調査期間
: 2013/8/26(月)?8/27(火)
・有効回答数
: 715サンプル

調査結果概要

「正社員よりもアルバイトの責任が軽い」学生アルバイトの過半数が選択!

アルバイト従業員が職場で度を越した悪ふざけをし、画像をソーシャルネットワーキングサービス上に公開し炎上する騒動が連日メディアを騒がせている。
そこで、モッピーラボでは全国の現在アルバイトをしている高校生または大学生に「緊急!学生アルバイト意識調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「アルバイトの責任について考えを教えてください」という質問で最も多く選択されたのは「正社員よりもアルバイトの責任が軽い」(57.1%)であった。
アルバイトである自分が責任を問われることよりも、正社員が責任を問われる場を目にすることが多いのだろう。
また、家庭環境や経済状況等によってアルバイトをする理由は様々だが、
食べていくためにアルバイトに専念する学生よりも、お小遣いを稼ぐ感覚でアルバイトをする学生の方が多そうだ。
万一アルバイトをクビになったとしても、今日明日生活ができないという危機感が乏しいことも、
アルバイトの責任を軽く捉えている理由の一つなのかもしれない。

「正社員よりもアルバイトの責任が軽い」という考えが、ここ最近報道されている「アルバイト従業員による悪ふざけ」に繋がってしまうのだろうか。
ちなみに、「アルバイト先で処分を受けるような悪ふざけをしたことはありますか」という質問に対し、「ある」と答えた人は715人中11人であった。

【図1】アルバイトの責任についての考え(単純集計)

「アルバイト先でルールあり、皆それを守っている」(57.5%)

全国の現在アルバイトをしている高校生または大学生に「緊急!学生アルバイト意識調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「現在のアルバイト先のルールについて教えてください」という質問に対して、全体1位「ルールがあり皆それを守っている」(57.5%)、
2位「ルールがあり守っている人と守っていない人がいる」(27.7%)という結果となった。
2位を大きく引き離し、全体で6割近くの人がアルバイト先のルールを従業員皆で守っている認識であることが判明した。

【図2】アルバイト先のルールについて(単純集計)

責任感の大きさによってアルバイトを探す方法が異なる?!

全国の現在アルバイトをしている高校生または大学生に「緊急!学生アルバイト意識調査」についてスマートフォンリサーチを実施した。
「現在のアルバイトをどのように探しましたか」という質問に対し、全体で「無料の求人雑誌」(29.9%)と「紹介」(28.5%)が僅差で並んだ。

同設問を「アルバイトの責任についての考え」別に比較したところ、
「正社員よりもアルバイトの責任が軽い」と答えた人が最も多く選択した項目は「無料の求人雑誌」(32.1%)であり、
「正社員とアルバイトは同じだけ責任が重い」と答えた人は「紹介」(34.0%)を最も多く選択した。
紹介でアルバイト採用された人にとって、自分の働きぶりによっては紹介者の顔に泥を塗ることになる。
そのような緊張感から「正社員とアルバイトは同じだけ責任が重い」という考えに至るのだろう。
もしくは、責任感がある人だからこそ人望が厚く、紹介の声が掛かってくるのかもしれない。

【図3】現在のアルバイトを探した方法(責任感別集計)

調査項目

1.性別を選択してください(SA)

2.ご職業を教えてください(SA)

3.あなたは現在アルバイトをしていますか(SA)

4.アルバイトの職種を選択してください(MA)

5.その職種でアルバイトすることを決めた理由(MA)

6.アルバイトの責任について考えを教えてください(SA)

7.現在のアルバイト先のルールについて教えてください(SA)

8.アルバイト先で処分を受けるような悪ふざけをしたことはありますか(SA)

9.その悪ふざけによって実際に処分を受けましたか(SA)

10.現在のアルバイトを始めてどれ位経ちますか(SA)

11.現在のアルバイトをどのように探しましたか(MA)

12.週に何日アルバイトをしていますか(SA)

シェアする

フォローする